超便利!!Gitが使いやすくなるTigを使いましょう!!

こんにちは。

 

銀座の見習いエンジニアやまそうです。

 

いきなりなんですが

Gitって意外と大変じゃないですか?

addしてcommitして、コミットログを操作したり、rebaseをしてコミットを修正したり、ソースのバージョンを管理するものなので結構神経使うと思うんですよね。

その上コマンド打つのも大変だったりします。

頭の良い方はaliasを設定したりもしてますよね。

 

そこで今回はそんなGitの「めんどくさい」を解消できる超便利なtigを紹介させていただこうと思います。

tigを使うととにかくGitの操作が早くなります。

Git使っていて「Gitめんどくせ〜」とか「Git大変や!!」って思っている方におすすめです。

 

 

tigの概要

tigとはなんなのか。

Gitの操作を簡単にすばやく操作できるようにしたものって感じです。多分・・・。

公式:https://jonas.github.io/tig/

 

インストール

brew install tig

Homebrewが入っていればこれだけです。

インストールすればすぐにtigを使うことができます。

 

tigの使い方と基本コマンド

ここからは基本的な操作方法と実務でよく使うと思われるコマンドを紹介したいと思います

後ほどデフォルトでは用意されていないが使えるようにしたいコマンドの設定も紹介しようと思います。

 

tigモード??にする

基本的にはtigの画面上で操作することになります。

tigの画面にするのは簡単でgitリポジトリ上でtigとコマンドを打ちましょう。

するとコミットがズラーッと並んでいる画面になると思います。私は勝手にtigモードと呼んでいます。

基本的にはtigモードで用意されているコマンドでGitを操作していく感じになります。

それではよく使うコマンドを紹介させていただこうと思います。

 

よく使うtigコマンド

help表示

コマンド: h

tigのhelpを表示します。

コマンド一覧だったりが表示されます。

 

git status

コマンド: s
git statusを見ることができます。ここでgit addをしたりcommitをしたりすることができます。

 

git add 

コマンド: u

addしたいファイルを選択して<code>u</code>コマンドを使うとaddされます。addをキャンセルしたいときはもう一度`u`をすればキャンセルされます。

 

git commit

コマンド: shift + c

commit できます

 

main viewを表示

コマンド: m

main viewを表示します。

main viewはtigで最初に開く画面です。

 

git diff

コマンド: d

diffを見れます

 

tree

コマンド: t

パス移動できます。ファイルもしくはフォルダを選択してEnterを押すと移動します。

 

git blame

コマンド: b

blameを見ることができます。

 

おすすめのカスタマイズ 設定

上記で紹介しましたコマンドはtigのデフォルトのコマンドになります。他にもコマンドは用意されていますが割愛しています。知りたい場合はhを使ってhelpを見ると全コマンドを確認出来ます。

しかしながらデフォルトには無いものがあったり、自分の分かりやすいコマンドを使いたいと言う時があるかもしれない。

そんなときは自分でカスタマイズすることができます。

`~/.tigrc`というファイルに設定を書くことで実現します。このファイルが無い時は作成しましょう。

以下は私の設定です。

# 「shift」 + 「+」 git commit --amend
bind generic + !git commit --amend --allow-empty 

# push origin HEAD # 「shift」 + 「p」 git push origin <ブランチ>
bind main P ?git push origin %(branch)

#「shift」 + 「r」 # git rebase -i <commit id>
bind main R !git rebase -i %(commit) 
bind diff R !git rebase -i %(commit)

だいたいこんな感じでしょうか。

他にも便利設定ありましたらぜひご教示いただきたいです。m(_ _)m

 

おわりに

ささーっとtigを紹介させていただきました。

コマンド覚えるまで少し操作に慣れないかもしれませんが、覚えてしまえばものすごく便利に感じると思います。

 

ぜひご賞味あれですね。

 

最後までこんな拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

 

参考

 

label, ,

書いた人

銀座の事業会社でエンジニアをやっております。 まだまだぺーぺーです。

2 Comments

  1. 扇風機太郎 2019年7月26日 Reply
    • yamasouAuthor 2019年7月26日 Reply

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です